コスパ最高! UV・LED対応レジン液「まさるの涙」でストーンをコーティング

Art supplies
スポンサーリンク

レジンは種類がたくさんありますが、そのなかで今回は「まさるの涙」という口コミでも評判のレジン液を試してみましたので、その特徴をまとめてみました。

↓こちらが実際にレジンコーティングをした作品です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

GENIE(@d_s_genie)がシェアした投稿

「まさるの涙」はハンドメイド用パーツの専門店「隠れ工房GreenOcean」というショップから発売されているオリジナルのUVレジン液です。

レジンアートのパーツなどの種類が豊富でレジン好きな方々に大人気のショップです。

「まさるの涙」特徴

価格がお手頃

「まさるの涙」はLED対応のUVレジン液の中でも安めです。

内容量は70gで送料合わせて1000円くらいで購入することができます。

価格は安めですが、品質は悪くなく、とてもコストパフォーマンスが高いアイテムとなっていてクチコミでも評判のレジン液です。

・初心者さんで練習がしたいとき
・たくさんアクセサリーなどを作るとき
・コストを抑えたいとき

こんなときは、コスパ良し・品質よしの「まさるの涙」は最適なレジン液です。

UV・LED両方対応している

まさるの涙はUVとLEDのどちらにも対応しています。

LED対応のレジン液は、すこし高価になりがちですが、まさるの涙は低価格で入手できるのがウレシイですね。

硬化時間の目安は

・UVライト(36W):片面3分ずつ
・LEDライト(18W):片面1分ずつ

(硬化させるときの環境・レジンの厚みなどによって多少変わってきます)

硬化速度は、特別早いというわけではありません。

そのため、さくさくと作業を進めたい方は硬化時間がすこし気になってしまうかもしれません。

そういった方は、硬化速度が速いレジン液を選んでみると良いですね。

2種類のライトに対応しているので、手持ちのライトの種類に左右されることなく作品作りを楽しむことができますよ。

ほかのレジン液と比べても、特別早くも遅くもなく、標準的な速度でしょう。

\UV・LED両対応ライトならこちらもおすすめ/

適度な粘度

レジン液はさらさらしたものから、粘度が高いものまで、種類がたくさんありますが、まさるの涙は、その中間でほどよい粘度で、使いやすさが抜群です。

詰め替え用ボトルがない

レジンによっては、大容量などで販売されているものもありますが、まさるの涙には詰め替え用がありません。

詰め替え用はさらに価格を抑えて購入できるというメリットがありますが、たくさんレジン液を使いたい方にとってはちょっと物足りないかもしれません。

ただ、詰め替え用がなくても十分すぎるほどコストパフォーマンスに優れていますので、詰替の手間がない分使いやすいですね。

コスパ最高のレジン液

「まさるの涙」についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

・コスパがいい
・UV・LEDどちらも対応
・使いやすい適度な粘度

3つの特徴をあげてみました。

非常に使いやすく低価格という、おすすめレジン液となっています。

ぜひ使ってみてくださいね。