【DIY】お手軽簡単!可愛くて優秀すぎるアクリルマーカーの特徴と使い方

ショッピング
スポンサーリンク

ちょっとしたイラストや、文字を書くときに便利なカラーペン。

絵の具だとちょっと面倒・・・手が汚れそうだし・・・

紙以外の木やガラス・陶器などのちょっと変わった素材に描きたい!!

というときに便利なアクリルマーカーのご紹介です。

素材を選ばない超便利なアクリルマーカー

アクリルマーカーで書くことができる素材はたくさんあります。

・紙(ボール紙、透明フィルム、写真なども)
・プラスチック
・硬化したレジン
・布
・セラミック(陶器)
・キャンバス
・石材(石膏・石)
・焼成粘土
・木材
・ガラス
・金属

とにかく素材を選ばず何にでも書くことができるのがとっても魅力的!

アクリルマーカーの特徴

アクリルマーカーの特徴といえば、なんといっても速乾性・耐久性・耐光性です。

濡れた状態では水溶性ですが乾くと耐水性になります。

アクリル絵の具のような色鮮やかな発色なのも特徴です。

乾いた後はその発色を保ちしっかりと定着してくれます。

アクリル絵の具と同じような性質を持ちながら、筆も水つかうことなくお手軽・便利にカジュアル使いできるところがとても魅力的です。

絵の具メーカーからもたくさんの色と種類が発売されています。


リキテックスのアクリルマーカーセットは6色セットですが、単色でカラーはなんと50色ほどあります。

ペベオのアクリリックマーカーは全100色ほどあり太さも0.7mm~4.0mmと用途に応じて選ぶことができます。

 アクリルマーカーペンの使い方

 

アクリルパーカーペンの使い方はとても簡単!

使用前にキャップを付けたままよく振ります。

厚紙などの上でニブを数回押すと絵具が流れ始めます。

たまにインクがドボッと出るので注意が必要です。

ペンの繊維に全体に顔料が浸透するのを確認し、厚紙などに試し書きをして十分な濃さになったら準備のできあがりです。

アクリルマーカーのデメリット

 

かくゆうわたしは、アクリルマーカ特有の少し太めのゴールド、シルバー、ホワイト、ブラックが欲しいと思っていろいろ探してみましたが、なかなか見つかりませんでした。

ということで、海外からの直輸入になりますが大量に仕入れたのでショップでも販売をしています。

flyseaアクリルペイントペン【Acrylic Painter】 ブラックマーカーホワイトマーカー8本セット | Dotting Studio GENIE powered by BASE
色カラー:黒(ブラックペン)4本+白(ホワイトペン)4本ペン幅:0.7mmアクリルペイントペンは様々な素材にお絵描きやライティングができる万能DIYツールです。アクリル ペイント ペンは、強力な粘着力、速乾性、防水性を備えており、紙や生地に浸透しません。素材例:タイル、岩、帆布、ガラス、木、金属、布、磁器、段ボール、紙
レジンの上からも描けるアクリルペイントペン(ゴールド・シルバー)6本セット | Dotting Studio GENIE powered by BASE
色カラー:金(ゴールドペン)3本+銀(シルバーペン)3本ペン幅:0.7mmアクリルペイントペンは様々な素材にお絵描きや文字が書ける万能DIYツールです。アクリル ペイント ペンは、強力な粘着力、速乾性、防水性を備えており、紙や生地に浸透しません。素材例:タイル、岩、帆布、ガラス、木、金属、布、磁器、レジン、段ボール、紙...

アクリルマーカーペンのデメリットをひとつあげるとしたら、ペンの塗料の減りが早い!!ということです。

なので、少しだけ使いたいというなら得に問題はありませんが、ちょっとこれじゃ足りないだろうな…

というときは同じ色をまとめて買うのがオススメです!